ゲームで餌やりを日課にしたくなければ読んでほしい『ARK』レビュー

恐竜に乗るゲー吉

「やっぱARK買おうかなぁ…」

「ARKやったけど他の人はどう思ったのかなぁ…」

そんなあなたの悩みに答えます。

本ゲームレビューブログ『ゲー選相談所』では、好みの違いからくる「楽しい」のギャップを埋めるため、あなたと評価者のゲームの好みが似ているかをチェックできる“ゲー吉度診断”を設けています。ぜひご利用ください。

はじめまして!ゲー吉です。会社でゲーム開発にたずさわるかたわら、家でもゲームをやり続けるといった、まさにゲーム漬けの生活を送っています。

ところで、ゲー吉は恐竜が好きです。ずっと前から恐竜のゲームがあることは知っていて、やりたかった。でもSteamだったので手が出せませんでした。

それがついにPS4で発売されるとなれば、見過ごせませんよね。

そんなワケで『ARK: Survival Evolved(以下ARK)』をレビューします。

スポンサーリンク

評価:凡ゲー★★★☆☆

『ARK』は凡ゲーなので特におすすめはしません

なお、会社の後輩と2人だけしかいない有料レンタルサーバーで1ヶ月ぐらいプレイをした評価になります。テイムに必要な時間や卵から孵化する時間など、やりやすいように設定をいじってます

こんな人にはおすすめしない
  • リアリティのあるサバイバル生活を体験したいワケじゃない
  • ビルド系のゲームでは設計せずにつくりはじめる
  • 仲間うち以外の“他の誰か”がいる必要はない

 

特におすすめはしない理由

肝心のテイムがつまらない

『ARK』はテイムがつまらないです。

テイムを成功させるのに必要なのがほぼ実時間のみだからです。

テイムとは、恐竜を仲間にするために必要な“一連のてなずけゲーム”のことです。

恐竜を仲間にするために動けないようにするまでは、ある程度楽しいハンティングアクションです。でもそれだけでは恐竜を仲間にすることができません。

ここでテイムの登場です。実はこのテイム、お腹が減ったらエサを与えるだけの単純作業です。いや苦行。

詳しくいえばテイムにはこんなゲーム性があります。

  • 昏睡ゲージがなくならないようにする
  • 好きなエサだと早く仲間になる
  • 他の恐竜から守る

これらの部分で楽しさはあります。

ただ、テイムに必要な時間が長すぎる! ティラノやスピノなどの強い恐竜だと三日三晩、寝ずに番をする覚悟が必要です。

『ARK』でいちばんワクワクする「あの強そうな恐竜を仲間に!」のところで、テイムというつまらない作業に水をさされるのは、非常に大きなマイナスといえるでしょう。

 

体調管理がめんどくさい

『ARK』は体調管理がめんどくさいです。‟満腹度”と‟体温”というパラメーターがあるからです。

『ARK』はサバイバル生活をするゲームです。腹が減ったら食べ、喉が乾いたら飲み、暑かったら脱いで、寒かったら着なければいけません。これがいただけない。

満腹度と体温は、持ち込める物資が限られている洞窟内においてはあった方がよいです。ちゃんと駆け引きになっているので。でも洞窟にくらべて圧倒的に長時間におよぶ普段の生活に満腹度と体温があるのは、ただただめんどうなだけです。

満腹度はそこらへんに生えてる木の実たべれば済むので供給に困らないし、体温は服を持ってたら自動で着てくれるワケでもなくインベントリから装備を変更する必要があります。それを暑いとこ寒いとこにいくたびに毎回、です。正直おもしろくもなんともない。

ゲー吉
ゲー吉
ギャルゲーのロリ枠。アイドルのブス枠ぐらい必要ないって!

だから、『ARK』は体調管理がめんどくさいといえます。リアリティのあるサバイバル生活を体験したいワケじゃない場合はつらいです。

 

気軽にビルドできない

『ARK』は気軽にビルドすることができません。いちど設置したモノを壊すのにペナルティがあるからです。

ビルド系のゲームをやるときは設計図なんか書かずに現場で調整する。つくりながらそのときの発想で仕上げるの! だから「これ壊したい…」なんてことは日常茶飯事なの! 「ちがーう!」の陶芸家の気持ち。

ただ『ARK』でモノを壊す場合、それを制作するのに必要な材料の半分しか戻ってきません

つまり、『ARK』はとりあえず置いてみて確かめるということがしにくいのです。実際、材料が潤沢にない序盤は、かなり慎重にビルドしていきました。設計図なし派にはつらいです。

ゲー吉
ゲー吉
まぁ豆腐ハウスなんだけどね

 

過失なくビルドに失敗する

『ARK』は自分の操作とは無関係にビルドに失敗します。スナップポイントにクセがあるからです。

たとえば壁をビルドするとき、「いま決定ボタンを押せばここにつくりますよー」という仮想壁が出てきます。『FORTNITE』を想像してもらうとわかりやすいです。仮想壁であたりをつけてよしよしここだなとボタンを押します。

するとなぜか、仮想とは別のところ、別の向きに壁が建つことがとても多いです。

ゲー吉
ゲー吉
ゲー吉は壁をたてた
壁はみえないチカラにすいよせられた

↑上で書いたとおり、ビルドに失敗するとせっかく集めた材料をムダにしてしまいます。だから、この自分のせいではないビルド失敗にはものすごくイライラさせられます。

 

よいところ

みんなで遊びやすい

『ARK』はみんなで遊びやすいゲームです。

ワールドがサーバー管理だからです。

ゲー吉
ゲー吉
それが無料なのはすごいこと

オンラインマルチが可能なビルド系ゲームで「みんなで協力して開拓しようぜ!」となったとします。

このとき、『マイクラ』・『ビルダーズ2』・『LEGOワールド』は、ホストのワールドに参加するという仕組みなので、ホストとなった人がゲームを起動し続けない限り、ホスト以外の人がひとりで進めることができません

その点、『ARK』はサーバーのワールドに参加するという仕組みなので、誰かがゲームを起動し続けなくても、いつでもだれでもひとりでも進めることができます

ゲー吉
ゲー吉
なんかめっちゃ恐竜増えてるぅ
自分が昨日ねないでやっときました
後輩
後輩

以上より、『マイクラ』・『ビルダーズ2』・『LEGOワールド』にくらべて『ARK』のほうがみんなで遊びやすいといえます。

 

“他の誰か”を感じられる

『ARK』は“他の誰か”を感じることができます。

最大70人が世界を共有するからです。

↑で書いた通り、『ARK』をはじめた当初は公式サーバーでプレイしていました。後輩以外の知らない人たちがいる世界です。

困っていたら助けてくれたり、ばったり合った人と謎の一体感がうまれたりと、一期一会を楽しむことができます。これはネトゲならではの楽しさです。

ビルド系のネトゲである『ARK』は、主要なビルド系ゲームで唯一、“他の誰か”を感じながら開拓することができるのです。

ただ、システム上、土地や物資を奪い合うため、基本的に敵対関係となります。SNS同様、よいことばかりじゃないのでご理解したうえでお楽しみください。

 

おとこのこにはたまらない

『ARK』は大人であっても男にはたまらないゲームです。図鑑や博物館でみたままのリアルなあの恐竜たちを仲間にできるからです。

ビルド系のゲームでフィールドの敵を仲間にできて、しかも戦闘に参加させられるから育成の楽しさもある。それだけでも嬉しいのに育成できるのは恐竜ですよ。

ゲー吉
ゲー吉
ゾイドもポケットザウルスも好きなんだな
あっしにはわからんことですタイ
ママン
ママン

好きな恐竜を育てて一緒に戦うことができる『ARK』は男のロマンをかなえるたまらないゲームなのです。『ドラクエビルダーズ』もモンスター牧場の方向に振って欲しいと願うばかりです。

→願いかなって『ドラクエビルダーズ2』ではモンスターを仲間にできるようになりました。

 

エネルギー革命を体験できる

『ARK』はエネルギー革命を体験することができるゲームです。生活が原始から現代にだんだん近づいていくからです。

ゲーム序盤での拠点は、たいまつやたき火が明かりのわらの家でした。モノづくりをして開拓を進めていくと、かがり火のある木の家になります。

そしてこの拠点のエネルギーが電気になったとき、生活に革命がおこります。それまでの不便が一気に解消されるのです。おそるべき時短効果ですよ。あらためてインターネットがもたらした革命はものすごいものだということが実感できました。

ゲー吉
ゲー吉
いままでのくらしはなんだったんだ…

『マイクラ』でも線路や自動装置が完成したときなど、生活が便利になったときに達成感があります。ただ、『ARK』のエネルギー革命はその比じゃないです。

 

まとめ

以上のことから、『ARK』は、みんなで遊びやすいし、恐竜を仲間にできて、育成できて、一緒に戦えるという楽しさはあるものの、体調管理がめんどうで、ビルドにはイライラして、恐竜をてなずけるのが苦行な、ビルド系サバイバルアクションといえます。

なので特におすすめはしません

「じゃあどれがおすすめなんだ…」

そんなあなたには、ホスト問題はあれど、同じようなゲームでビルドまわりが快適な『マイクラ』がおすすめです。レビューがありますので、ぜひご覧ください。

『マイクラ』のレビューです

ジャンル問わずのあなたには、全おすすめゲームのまとめがあります。ぜひご覧ください。

PS4おすすめゲームのまとめです

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. ああああ より:

    そんなあなたに、PIXARK。

    1. ゲー吉 より:

      見た目はリアルがいいワガママなゲー吉がいます…

コメントを残す

*