『ゴーストリコンWL』レビュー|「せーのでプスッ」気軽に撃てんわ

「やっぱゴーストリコン買おうかなぁ…」

「ゴーストリコンやったけど他の人はどう思ったのかなぁ…」

そんなあなたの悩みに答えます。

はじめまして!ゲー吉です。会社でゲーム開発にたずさわるかたわら、家でもゲームをやり続けるといった、まさにゲーム漬けの生活を送っています。

本ゲームレビューサイト『ゲー選相談所』では、好みの違いからくる「楽しい」のギャップを埋めるため、あなたとゲー吉のゲームの好みが似ているかをチェックできる“ゲー吉度診断”を設けています。ぜひご利用ください。

ところで、ゲー吉には会社の昼休みでも家でも一緒にゲームをやってくれる会社の後輩が1人います。この前までは2人で『マイクラ』をやっていて、苦難の末、みごとトロコンを達成しました。

建築しましょうよ
後輩
後輩

継続プレイを望むやる気マンマンの後輩。しかし、目的がなくなったことでゲー吉のモチベーションはすっかり落ちてしまっていました。空気を読んだ後輩はゲー吉が選ぶように促します。

ゲー吉
ゲー吉
ディビジョンおもしろかったし、これでええじゃろ…

かくしてゲー吉は、『LEGOワールド』から続くサンドボックスの流れを断ち切り、後輩をTPSへいざなうのであった。

そんなワケで『ゴーストリコン ワイルドランズ(以下ゴーストリコン)』をレビューします。

スポンサーリンク

評価:★★★☆☆ 特におすすめはしない凡ゲー

こんな人にはおすすめしない
  • 一緒にやる仲間に狙撃に慣れていない人がいる
  • 遠距離武器より近~中距離武器のほうが好き

 

特におすすめはしない理由

協力狙撃が盛り上がりにくい

『ゴーストリコン』は協力狙撃が盛り上がりにくいです。

肝心なところでソロプレイになるからです。

『ゴーストリコン』は、基本的にはバレずに拠点にいる全ての敵を狙撃していくゲームです。ランボー向きではありません。敵1人にでも潜入がバレると、連絡を受けた全員に襲われるからです。増援が車で駆けつけたりもします。

この時点で数的不利だとかなり厳しい戦いになります。だから、おのずと孤立している敵を1人ずつ仕留めていく作戦に要する時間が長くなるのです。

にも関わらずけっこう難易度が高いです。巡回中に死体を視認されてもバレるので頭を使う必要があったり、一発も外せないのでエイム力が必要だったりします。つまり、成功に対して個人差が出やすいのに失敗の責任が重いのです。

すると、やってるうちにだんだん上手いほうに任せるようになってきます。実際、難しいポイントはゲー吉が狙撃していました。任せたほう観てるだけです。

お願いしまっす
後輩
後輩
ゲー吉
ゲー吉
………プスッ

ゲームでいちばん達成感のある難しい狙撃の場面でソロプレイになる『ゴーストリコン』は、協力プレイが盛り上がりにくいといえるでしょう。

 

味方NPCが優秀すぎる

4人プレイに合わせてバランス調整していると思うので仕方ないかもしれませんが、ソロプレイ時は強制的に3人のNPCと行動を共にすることになります。

この人たちが強いのなんの。狙撃を指示すれば必ず仕留めてくれるし、攻撃司令を出せば敵の反応が次々消えていく。自分で戦わずしてオールクリアが可能です。

彼らに戦闘させない設定はできず、交戦状態になると勝手に敵をなぎ倒してしまうので、緊張感のない雑なプレイでもなんとかなってしまいます。

 

サブミッションがコピペ

『ゴーストリコン』には、スキルポイントを稼ぐためのサブミッションがあります。コレが何種類かの同じものを繰り返すだけです。早々に飽きます。

スキルが無くてもクリア可能だと思うので無理にやる必要はありませんが、トロコンなどでこだわる人が多いのも事実。楽しんでたら勝手にスキルポイント溜まってたが理想です。

 

よいところ

エクストリーム現地移動で大爆翔

まず、美麗なグラフィックのすんげー広いフィールドを自由に移動できるだけでもすごいと思います。正直、かなり驚きました。一見の価値ありです。

そのすんげー広いフィールドを文字通り自由に移動できちゃいます!楽しそうでしょ?移動方法も、歩き、バイク、装甲車、乗用車、ヘリなど様々です。この乗り物での移動が言い意味でハチャメチャです。『ゴーストリコン』で一番楽しかったところです。確実に死ぬだろという運転ができますし、乗り物はちょっとやそっとじゃ壊れません。

後輩が運転する車に同乗して崖から落ちたり、後輩が颯爽とヘリを乗り捨てて登場したかと思えばパラシュートが開かずに死んだり、思い出は数知れず。ゲームで声を出して笑ったのは久しぶりです。

『FF15』よ、これがオープンワールドだ!

 

ターゲット指示

『ゴーストリコン』は、敵に対して「俺はこいつを狙うぜ!」というマークが付けられます。コレのおかげで、ボイスチャットを使わなくても仲間と意思疎通ができます。

思い通りに複数同時キルが決まった時は爽快ですので、それを得やすくすることは重要です。

 

ドローンで索敵というアイデア

『ゴーストリコン』は索敵がとても重要になります。敵1人に潜入がバレたら、その拠点の全員が襲ってくるからです。車で駆けつけたりもします。

その索敵に “ドローン” を持ってきたアイデアは素晴らしいと思いました。とてもマッチしていると思います。

 

まとめ

『ゴーストリコン』は、基本は狙撃ゲーの協力プレイが盛り上がりにくいオープンワールドTPSです。

なので特にはおすすめしません

PS4のTPSであれば、ランボーにもゴルゴにもなれて、装備がウデマエを補ってくれる『ディビジョン2』がおすすめです。

『ディビジョン2』のレビューです

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*