『ヒューマンフォールフラット』レビュー|みんなでワイワイ脱出ゲーム

ヒューマンフォールフラットのアバター風のゲー吉とママン

「やっぱヒューマンフォールフラット買おうかなぁ…」

「ヒューマンフォールフラットやったけど他の人はどう思ったのかなぁ…」

そんなあなたの悩みに答えます。

どーも!ゲー吉です。会社でゲーム開発にたずさわるかたわら、ゲームをやり続けるといった、まさにゲーム漬けの生活を送っています。会社の昼休みだって、後輩と一緒に2人協力プレイのゲームをやってるんですよ。

そんな我々が『ドンキーコング トロピカルフリーズ』をクリアしたあくる日の昼休みのこと。

いつものようにゲーム部屋へ行くと、意気揚々と『Switch』のメニュー画面を開いて待つ後輩がいました。

セールだったので買いました!
後輩
後輩

そういう彼がゲー吉に見せたゲームは、見た目からは想像もつかない内容でした。

ということで、『ヒューマンフォールフラット(以下HFF)』をレビューします。


本ゲームレビューブログ『ゲー選相談所』では、好みの違いからくる「楽しい」のギャップを埋めるため、あなたとゲー吉のゲームの好みが似ているかをチェックできる“ゲー吉度診断”を設けています。ぜひご利用ください。

スポンサーリンク

評価:★★★★☆ おすすめの良ゲー

こんな人におすすめ
  • 操作スキルを必要としない2人協力プレイのゲームを探している
  • 一緒にやる人と笑い合いたい

 

おすすめする理由

ひらめき体験ができる

『HFF』はひらめき体験ができます。

数ある選択肢の中から正しい答えを導き出していくからです。

『HFF』は、『ブスザワ』の祠だけを続けてやる感じの謎解きアクションゲームです。ただし、ステージごとに大きく見た目やギミックが変わり、マップがとても広くなった『ブスザワ』の祠です。

『ブスザワ』の祠は、基本的には主人公のリンクができる超人アクションの中から、「これをここに使ったら…」と想像していきます。

それに対し、『HFF』は、ステージごとのギミックや拾えるアイテムの中から、「これをここに使ったら…」と想像していきます。

つまり、『ブスザワ』より『HFF』のほうが、使う想像力の幅が広いのです。だから、ひらめいたときの快感が大きい。

ゲー吉
ゲー吉
わかった!鉄を溶かすんだ!
おーなるほど
後輩
後輩

さらに、『HFF』はこれをみんなでやることができます。みんなで同時に動き回りながら、あーでもないこーでもないを試していくのです。

この感じ何かに似てるとおもいませんか? そう、リアル脱出ゲームです。『HFF』は規模の大きなバーチャル脱出ゲームなのです!

 

仲間を見るとクスっとくる

『HFF』は、ふと仲間を見たときにクスっときます。

アバターの見た目と動きがヘンテコだからです。『マイクラ』でも似たようなことを笑えるとして挙げています。

『HFF』のアバターは謎のふにゃふにゃ人間です。クセのある独特な動きをします。

そんなふにゃふにゃ人間を操作しながら頑張っていると、うなだれながら石を運んでたり、腕の位置がおかしくなりながら崖を登っている別のふにゃふにゃ人間が見え隠れします。

ふにゃふにゃが、なんか一生懸命やってるんです。その姿がシュールで笑えます。

 

不満点

手の上げ下げがカメラと連動

段差を登るときやオブジェクトを持ち上げるときに頻繁に手の上げ下げが必要なのですが、強制的にカメラ移動を伴ってしまうのが少しストレスでした。

 

まとめ

以上のことから、『HFF』は、オープンワールドパズルアクションが新感覚で、ふにゃふにゃアバターの動きとみんなで知恵を出し合う会話から、盛り上がること間違いなしのゲームといえます。

ディズニーランドや伊勢神宮など、リアルではお金かけても絶対に脱出ゲーム開催できないけどみんなが知ってる場所を舞台にできると楽しそうですね。

いまいちピンとこないあなたには、おすすめオフライン2人協力プレイゲームのまとめがあります。ぜひご覧ください。

Switchおすすめオフライン2人協力プレイゲームのまとめです

ジャンル問わずのあなたには、全おすすめゲームのまとめがあります。ぜひご覧ください。

Switchおすすめゲームのまとめです

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*