レビュー『ブレイブリーデフォルト2』を台無しにしたひとつの技とは

グローリア風のゲー吉

こんにちは、ゲー吉です。

『ブレイブリーデフォルト2(以下ブレイブリー2)』

キャラデザは『タクティクスオウガ』の吉田明彦氏。そして、『FF5』っぽいジョブシステム。いかにも王道っぽいRPGっぷりに心惹かれますよね。

そんな『ブレイブリー2』は、はたしておすすめなのか、おすすめじゃないのか。これについて、理由を添えて意見を述べたいと思います。

改めましてこんにちは、私は会社でゲーム開発にたずさわるかたわら、家でもゲームをやり続けるといった、まさにゲーム漬けの生活を送っています。詳しくはプロフィールをご覧ください。

また、本サイトでは、好みの違いからくる「楽しい」のギャップを埋めるため、あなたとゲー吉のゲームの好みが似ているかをチェックできる“ゲー吉度診断”を設けています。ぜひご利用ください。

あなたが楽しいとおもえるゲームに出会うためのお手伝いができれば嬉しいです。

それでは、いってみましょう!

スポンサーリンク

評価:★★☆☆☆おすすめしない不一致ゲー

こんな人にはおすすめしない
  • RPGで最も重視するのは、ストーリーではなく育成要素だ
  • 面倒くさがりだ
  • 難易度設定で経験値が変わるのは嫌いだ

 

おすすめしない理由

育成の楽しみが薄い

『ブレイブリー2』は、育成の楽しみが薄いゲームです。

雑魚戦でパーティ全員が同じ技を繰り返すだけになるからです。

とあるジョブのアビリティに【クレセントムーン】というものがあります。

この【クレセントムーン】は、全体に攻撃ができることから使用コストが高く、戦闘開始時において、通常は2回しか打つことができません。

ところが、【サブBP節約】というアビリティと組み合わせることによって、倍の4回までぶっぱすることが可能になります。

さらに、『ブレイブリー2』のパーティは4人いるので計16回の全体攻撃です。『ドラクエ』でいえば【まわしげり】16回に相当します。

16回もの攻撃を受けて立ってられる雑魚はそうそういませんよね…

つまり、雑魚戦は全員が【クレセントムーン】祭りでわっしょいしていれば事足りてしまうのです。

もしかするとあなたは、「みんなが【クレセントムーン】使えるようにしたら他のジョブが育てられなくて困るのでは?」とおもうかもしれません。

ところがどっこい、『ブレイブリー2』にはサブジョブというシステムがあり、祭りの開催を続けながらの育成が可能なのです。

サブジョブに【クレセントムーン】をセットすることによって、メインジョブがなんであってもお構いなしに使えるからです。

ここに前述のアビリティ【サブBP節約】を組み合わせると、盆踊りの準備は完了となります。

実際、【サブBP節約】を手に入れて以来、ゲー吉はずっと踊り続けました

そのうち弱体化するのかと思いきや、【全体攻撃強化】や【獣化】でさらに加速する熱狂の渦。

ゲー吉
ゲー吉
これはもうねぶた級のフェスティバル&カーニバルなんだよね
お前、ねぶたの何知ってんねん
ママン
ママン

ではこの祭りの何がよくないのでしょうか。それは、育成しがいがないことです。

考えてみてください。このゲームにパーティが4人いる意味あります? いうなれば、「勇者・戦士・僧侶・魔法使い」でおなじみの「ゆせそま」を、「せせせせ」で旅してるようなものですよ。

パーティは、それぞれメンバーに特長、すなわち専門性があるからこそ育てがいがあるってもんですよね。

ゲー吉
ゲー吉
開発・営業・経理・総務…
それぞれの活躍できる場所で輝けといいたいようだぞ
ママン
ママン

パーティ全員が【クレセントムーン】という同じ攻撃を放ち続けるだけの雑魚戦が続く『ブレイブリー2』は、育成の楽しみが薄いRPGといえます。

 

ダルい作業を強いられる

『ブレイブリー2』は、ダルい作業を強いられます。

ジョブやアビリティのマイセットがないからです。

さて、次はボス戦の話をしましょう。『ブレイブリー2』は、ボスと雑魚で「ジョブ構成・付けたいアビリティ」などが異なります。

ボス戦は倒して先に進むことが目的になるので、育成中のメインジョブから最適なものに変えたくなるし、「もらえるお金がふえまーす」みたいなアビリティより、「回復効果を高めまーす」のほうが優先度が高くからです。

予想外のところでいきなりボス戦に突入することがあることはこの際おいといて、マイセットがないのはいかがなものでしょうか。

ボスを倒したあとに雑魚用のジョブとアビリティに戻すのが、ものすごく面倒です。

ゲー吉
ゲー吉
さすがにボス前の状態を覚えといて欲しいって!
ふっかつのじゅもんみたいにティッシュ箱に書いとけー
ママン
ママン

選択項目が多いにも関わらず、4人分の編成を自分で記憶しておかなければならない『ブレイブリー2』は、ダルい戻し作業を強いられるといえます。

 

難易度で取得経験値が変わる

「あなたは難易度で取得経験値が変わることをどうおもいますか?」

敵が弱くなるのにもらえる経験値があがるという、一見すると逆じゃないかと感じる仕様はどうして生み出されるのでしょうか。

まずもってゲー吉は、操作スキルが難しさに介在しないコマンドバトル型のRPGにおいて、そもそも難易度設定がいるのかという疑問があります。

だって、敵の強さなんてバフデバフ(敵の弱体化と味方の強化)を理解してるか否かの差ぐらいのものですよ。ここにはあまり差がでないはずです。じゃあなんで難易度変更なんてものがあるのでしょうか。

それはおそらく、足止めをくらわずにストーリーをサクサク進めたいというプレイヤーのためのものであると考えられます。

これらのプレイヤーにとって、レベル上げは足止めされてまでしたいものではなく、ストーリーの進行と同時にある程度うすく感じられればよいものということです。

ではゲー吉はというと、他のレビューでもたびたびお話ししているとおり、強くなったと実感するために戦闘を重ねることがRPGの楽しさの根幹の部分です。ひらたくいえば、楽しさは育成に夢中になれるかにかかっています。

つまり、サクサク進めたい勢とゲー吉では、「足止め」に対する許容度が違うのです。そう考えると、『ブレイブリー2』の難易度カジュアルの存在も納得ができます。敵を弱くして経験値を上げることで、ストーリーの進行スピード上げることができますからね。

ここまでを読んで「じゃあもらえる経験値が多くなる設定があってもいいね」とおもったあなた。ちょっと待ってください。本当にそれでいいのでしょうか。

ゲー吉はよくないと思っています。難易度をカジュアルにすることでレベル上げ時にデメリットなく経験値を多くできると知ったとき、「損をした」と感じたからです。

「あれ? レベル上げが楽しいんじゃなかったっけ?」と不思議におもう方もいるかもしれません。ただ、それとこれは別問題なんです。いったい、どういうことでしょうか。

人間は「損したくない」という感情が強い生き物です。儲かったときより損したときのほうが根に持つことがわかっています。

『楽天市場』や『Yahoo!ショッピング』がセールのとき、いつもより10%レベルでお得に買えているのに、エントリーし忘れて1%のポイントバックを逃していたことがわかると、ものすごく損した気分なるといえば、あなたも身に覚えがあるのではないでしょうか。

話を『ブレイブリー2』に戻すと、ウッキウキでレベル上げを楽しんでいても、ひとたび自分のレベル上げの効率が少し悪かったという事実を知った瞬間、ストレスを感じてしまうのです。

ゲー吉
ゲー吉
ワシの時間をかえせー
まさに知らぬが仏だな
ママン
ママン

難易度設定によって取得経験値が変わる『ブレイブリー2』は、強くなる過程を楽しみたいプレイヤーがストレスを抱える可能性があるといえます。

 

まとめ

『ブレイブリー2』をおすすめしない理由をまとめるとこうなります。

  1. 育成の楽しみが薄い
  2. ダルイ作業を強いられる
  3. 難易度で取得経験値が変わる

途中まではわりかし楽しくプレイできていただけに、少し残念なゲームです。戦犯は【クレセントムーン】です。

「じゃあなにがおすすめなんだ…」

そんなあなたには、おすすめ「RPG」のまとめがあります。ぜひご覧ください。

SwitchおすすめRPGのまとめです

ジャンルを問わないあなたには、全おすすめゲームのまとめがあります。ぜひご覧ください。

Switchおすすめゲームのまとめです

スポンサーリンク

コメントを残す

*